商品詳細

PS3/PSP(プレステ3/ピーエスピー)ゲームソフト ぼくのなつやすみシリーズ(ぼくなつ)

PlayStation3/PlayStation Portable

買取できる主なPS3/PSP(プレステ3/ピーエスピー)ゲームソフト ぼくのなつやすみシリーズ(ぼくなつ)

現在買取中のPS3/PSP(プレステ3/ピーエスピー)ゲームソフトのぼくのなつやすみシリーズです。その他のゲームソフトも買取中です。買取価格は変動する恐れがあります。

高価買取中のPS3/PSP(プレステ3/ピーエスピー)ゲームソフト ぼくのなつやすみシリーズ(ぼくなつ)

高価買取中のPS3/PSP(プレステ3/ピーエスピー)ゲームソフトのぼくのなつやすみシリーズです。

  • ぼくのなつやすみ

    ぼくのなつやすみ

    買取上限価格300円
  • ぼくのなつやすみ2 海の冒険篇

    ぼくのなつやすみ2 海の冒険篇

    買取上限価格450円
  • ぼくのなつやすみポータブル ムシムシ博士とてっぺん山の秘密!!!

    ぼくのなつやすみポータブル ムシムシ博士とてっぺん山の秘密!!!

    買取上限価格500円
  • ぼくのなつやすみポータブル2 ナゾナゾ姉妹と沈没船の秘密

    ぼくのなつやすみポータブル2 ナゾナゾ姉妹と沈没船の秘密

    買取上限価格1,000円
  • ぼくのなつやすみ3 北国篇 小さなボクの大草原

    ぼくのなつやすみ3 北国篇 小さなボクの大草原

    買取上限価格2,000円
  • ぼくのなつやすみ4 瀬戸内少年探偵団「ボクと秘密の地図」

    ぼくのなつやすみ4 瀬戸内少年探偵団「ボクと秘密の地図」

    買取上限価格1,500円

PS3/PSP(プレステ3/ピーエスピー)ゲームソフト ぼくのなつやすみシリーズ(ぼくなつ)の買取実績

PS3/PSP(プレステ3/ピーエスピー)ゲームソフトのぼくのなつやすみシリーズなどの買取実績を紹介しています。

  • ぼくのなつやすみなど計16点のPS(プレイステーション)ゲームソフトを

    ぼくのなつやすみなど計16点のPS(プレイステーション)ゲームソフトを5,600円で買取!

    一番最初のシリーズなだけに活動時間が変えられなかったり、登場人物が少なかったりするのですが、PS版はPS版ならではのよさがあったなって思いました。ただやっぱり一回クリアしたらもう一回プレイしようとはなかなか思わないので今回高価買取してることもあってお願いしてみました。嬉しい金額ですね。

  • ぼくのなつやすみポータブル ムシムシ博士とてっぺん山の秘密!!!など計31点のPSP(プレイステーションポータブル/ピーエスピー)ゲームソフトを

    ぼくのなつやすみポータブル ムシムシ博士とてっぺん山の秘密!!!など計31点のPSP(プレイステーションポータブル/ピーエスピー)ゲームソフトを32,800円で買取!

    PSPやPS3のゲームソフトを売りたいなと考えてたら友達にいいところがあるよと教えられて今回初の利用です!買取に出してみて思ったのですが、おすすめされたのも納得出来ました!梱包用のダンボールが無料だったり、手数料や査定料も無料だったりとほんとにゲームを送るだけでいいんですね!利用してみてよかったなって!

  • ぼくのなつやすみ2 海の冒険篇など計14点のPS2(プレイステーション2/プレステ2)ゲームソフトを

    ぼくのなつやすみ2 海の冒険篇など計14点のPS2(プレイステーション2/プレステ2)ゲームソフトを8,190円で買取!

    PS2のゲームソフトはもう売れないかなってそのまま放置してたんですけど、買取金額を見たときにこの値段で買取ってくれるんだったら出すしかないなと思い買取に出させてもらいました!

PS3/PSP(プレステ3/ピーエスピー)ゲームソフト ぼくのなつやすみシリーズ(ぼくなつ)とは?

PS3(プレイステーション3/プレステ3)やPSP(ピーエスピー)などで発売されているぼくのなつやすみシリーズとは、夏休みをテーマにしたアドベンチャーゲームソフトのシリーズのことをいい、基本的に夏休みを楽しむことを目的としたほのぼのゲームです。シリーズ1作目は北関東にある自然に囲まれたのどかな田舎町が舞台となっており、PS2(プレイステーション2/プレステ2)とPSP(ピーエスピー)で発売された「ぼくのなつやすみ2 海の冒険篇」の舞台は伊豆半島、PS3(プレイステーション3/プレステ3)で発売された「ぼくのなつやすみ3 -北国篇- 小さなボクの大草原」では、北海道花丘、PSP(ピーエスピー)ゲームソフト「ぼくのなつやすみ4 瀬戸内少年探偵団「ボクと秘密の地図」」では瀬戸内海が舞台となっています。ゲームテーマは同一ですが内容に関連性はなく、どのシリーズからはじめても楽しむことができます。ゲームの進め方でエンディングが変わるのも、ぼくのなつやすみシリーズの楽しみ方のひとつです。画面切り替えや会話を行うことで時間が経過したりするため、日々どのような事をするか計画して動かないとあっという間に一日が終わってしまいます。そうした一瞬の日々が夏休みらしくあり、もっと大切に遊ばなくてはいけないという気持ちにさせられます。大人の方はもちろん、子どもも楽しめる素敵なゲームソフトです。

人気のPS3(プレイステーション3/プレステ3)ゲームソフト:ぼくのなつやすみ3 北国篇 小さなボクの大草原

PS3 ぼくのなつやすみ3 北国篇 小さなボクの大草原 大の画像PS3(プレイステーション3/プレステ3)ゲームソフトから登場した「ぼくのなつやすみ3 北国篇 小さなボクの大草原」は、北海道の架空の町「花詩」を舞台になっています。お母さんが臨月の8月の間、北海道のおじさんの家に預けられた小学生のボクくんを操作して、北海道ののどかで自然溢れる夏を楽しむゲームになっており、物語は日本国内で蒸気機関車が活躍した最後の時代になっています。ぼくのなつやすみシリーズをプレイしてきた人はOPムービーで見知った人物を見かけて微笑ましく思ったことだと思います。PS3(プレイステーション3/プレステ3)ゲームソフト「ぼくのなつやすみ3 北国篇 小さなボクの大草原」に登場するおじちゃんの声を務めた、声優の堀内賢雄さんはぼくのなつやすみシリーズの長年のファンであり、作品にずっと出たいとおっしゃっていたそうです。北海道の牧場に努める婿養子のおじちゃんを演じきってくれた堀内賢雄さんの演技にも注目して頂きたいです。ゲーム買取ブラザーズではPS3(プレイステーション3/プレステ3)ゲームソフト「ぼくのなつやすみ3 北国篇 小さなボクの大草原」を買取しています。ぼくのなつやすみシリーズをお持ちの方は宅配買取までどうぞ!

人気のPSP(ピーエスピー)ゲームソフト:ぼくのなつやすみ4 瀬戸内少年探偵団「ボクと秘密の地図」

人気のPSP(ピーエスピー)ゲームソフト:ぼくのなつやすみ4 瀬戸内少年探偵団「ボクと秘密の地図」の画像PSP(ピーエスピー)ゲームソフト『ぼくのなつやすみ4 瀬戸内少年探偵団「ボクと秘密の地図」』はぼくのなつやすみシリーズの4作品目に当たるゲームソフトです。瀬戸内海、広島県尾道が舞台となっており、8月の1か月間を自由に過ごすというシリーズ通して同じテーマになっています。宝の隠し場所が記されている水軍の秘密の古地図を集めるのが目標にもなっていたり、マップが広くなったりと楽しめる要素が多くなっています。PSP(ピーエスピー)ゲームソフト『ぼくのなつやすみ4 瀬戸内少年探偵団「ボクと秘密の地図」』のオープニングムービーでも、ぼくのなつやすみ2に出てきたおなじみのキャラクターが登場したりと、ファンにはたまらない演出も!主題歌がギンギラギンにさりげなくのカバー曲になっており、楽しくて暑い夏が終わったときのどこか切ない、でも心に残るような感じがひしひしと伝わってきます。今回のボクくんは前作までのシリーズと異なり性格が大きく異なりますが、プレイしているとどこか生意気なボクくんも可愛らしいなと感じてくるようになります。ゲーム買取ブラザーズではPSP(ピーエスピー)ゲームソフト『ぼくのなつやすみ4 瀬戸内少年探偵団「ボクと秘密の地図」』を買取しています。こちらのゲームソフトをお持ちの方は買取をどうぞ!

宅配買取の申し込みはコチラ